ハイセルフとハイヤーセルフは別存在

SRT(スピリチュアル・レスポンス・セラピー)の大きな特徴の一つに、ハイセルフと協力して行うということがあります。

ハイセルフというと、ハイヤーセルフと間違えられやすいのですが、一般的に言われているハイヤーセルフが高次の自分自身なのに対して、ハイセルフは、自分とは完全に別の存在になります。自分の中にいるというよりは、そばにいる感じですね。自分自身ではないので、人数も複数で、平均1~3人のハイセルフが、必ず誰にでもいます。 

ハイセルフの役割は、その人の人生が、生まれる前に決めてきた青写真に沿ったものとなるように、導くこと。大いなる神であるスピリットと、私達の間をつなぐ役目もあります。最近は、私達の意識や宇宙がどんどん進化しているので、ハイセルフも、この人がハイセルフ、あの人がハイセルフというよりは、スピリットの側面として、存在するようになってきているのだとか。 

あまり知られていない、ハイセルフの重要な仕事の一つが、アカシックレコードの管理です。過去世のリサーチをする時には、アカシックレコードにアクセスするため、ハイセルフに許可をもらわないとできません。そこでSRTでは必ずハイセルフとつながり、彼らとの共同作業という意識で進めていきます。SRTがハイセルフと協力して行うセラピーであるのはこのためで、クライアントさんとコンサルタント双方のハイセルフと連携するので、遠隔でもセッションが可能なのです。


ハイセルフとは、SRT独自の呼び名ですが、日本で言われている守護霊や指導霊をイメージしていただくと、わかりやすいかもしれませんね。守護霊、指導霊、ガイドなど、スピリチュアルの世界でも、様々な区別の仕方や概念がありますので、そのとらえ方によっても変わってきますが、SRTでは、ハイセルフとガイドとは、明確に区別をしています。 

SRTはチャートとペンデュラムを使うことで、サイキックな能力がない人でも、ハイセルフとつながって情報を得ることができる、チャネリングの一種でもあります。でもガイドからチャネリングすることはありません。その人が何か特別な道に進む時に導くのがガイドなのですが、本人の意識レベルが一定の所まで上がると、ガイドは不要になります。このガイドがいらなくなる意識レベルのラインは、輪廻転生が終了になるニューパラダイムよりも、かなり下に位置しています。
(輪廻転生が終了になる意識レベルの話はこちら → SRTのすごさの秘密

SRTを受けた方は、全員ニューパラダイム以上になりますので、当然、ガイドが不要になる意識レベルラインを過ぎます。ですから逆にガイドが残っている場合は、クリアして彼らを解放します。ガイドは中間職のようなものなので、もうその人には必要がなくなったのに隠れているガイドがいたら、行くべき場所へ移動してもらうのです。 

一方ハイセルフは、自分と同じ意識レベルの存在で、私達と同様に、学び、成長していきます。人間と違って3次元以上の世界が見えるため、いろいろな場面で、少し進んだ視点から、「こっちだよ。」と教えてくれます。そのため「スピリチュアルGPS」とも言われています。

ただし視野は広いのですが、意識レベルはその時の自分と変わらないため、自分が本を読んでいる時に、ハイセルフも一緒に勉強していたりすることもあります。ハイセルフにもそれぞれ得意分野があるので、自分の専門でないことはわからないのです。けれど勉強してもらうのは可能で、あることに関しての知識や情報を得るのは一瞬です。「○○に必要な知識や情報の最新のものをダウンロードしてください。」と言うと、あっという間に物知りになります。

宇宙の情報は日々進化していくため、SRTのセッションを始める時には、毎回必ず、「このワンユニバースの最高レベルの知恵、真実、光、理解とSRTのすべての最新の知識をダウンロードしてください。」とお願いしてからやっています。 

高次の自分自身であるハイヤーセルフと違うのは、ハイセルフは自分とは別存在なので、交代する場合もあるということです。本人の意識レベルが上がった時、一緒に成長するハイセルフもいれば、ついていけなくなるハイセルフもいて、そんな時は、もっと進化したハイセルフに代わります。自然に交代することもありますが、問題なのは、成長できないハイセルフが、職務放棄状態のまま、とどまっているケース。

SRTでは常にハイセルフの意識レベルをチェックして、低い場合はスピリットに教育を依頼します。教育しても上がらない時は、交代してもらいます。

またこれからの時代で特に大切なのは、ハイセルフが、21世紀型の新しい考えを持っているかどうかということ。「ルンルンと楽しみながら成長して、いろいろなものを得ることができる」というのが21世紀型で、「成長のためにはネガティブな修行が必要」というのが20世紀型です。

時代が変わっているのに気がつかず、いまだに20世紀型の古い価値観を持っているハイセルフに導かれたのでは、人生が苦行のようになってしまいます。SRTではハイセルフの意識レベルだけではなく、この点も数値でチェックして、ネガティブ主義のハイセルフの場合は、21世紀型の新しい価値観を教えます。それでも主義を変えない時は、スピリットに相談して、同意を得た上で、代わってもらいます。

ハイセルフを交代させる時には、21世紀型の価値観を100%持っているポジティブな方、宇宙で最高の方を派遣してくれるように、スピリットにお願いしていますので、ご安心くださいね。たいていご本人と過去世でのご縁がある、その時のあなたにぴったりのハイセルフさんが、来てくれますよ(^^)/

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

SRTとは      

セッションメニューはこちら 

2017年08月31日 | Posted in SRT | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事