Blog

事実は小説よりも奇なり~青虫くんの旅立ち編~

連載でお届けしています。第4回の本日が最終回です。

「青虫くんの旅立ち編」として、A様のご感想を紹介させていただきますね。
(掲載許可をいただいております)

(第1回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの出会い編~

(第2回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの過去世~

(第3回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんが伝えたかったこと~

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

申し込みをしてから、苦しかった身体中のオーラやチャクラにやわらかな癒しが起きて、浄化されていくのを感じました。申し込みと同時に、すでにハートがほっこり温かくなり、いつもながら、北川先生のセッションの深さに感動いたしました。

実施日の夕方、第2チャクラに反応がじわじわ起こり、腹痛でお手洗いに行きました。遠隔地なのに、こんなに浄化がはっきり起きるなんて、と効果にまずびっくり。第2チャクラも気分もすっきりし、シュルシュル~とネガティブな魔法が解けていく序章を感じました。

そしてうれしい驚きなのが、私のスピリチュアルなエネルギーが増幅していることです。第三の目が開き、勘が冴え渡り、今回のセッションにまつわる予知夢のような不思議な夢を、2回も見ました!初めて北川先生のセッションに申し込みした時も、不思議な私を助けるような夢を、実は見ていました。愛にあふれたセッションだなあと感動いたしました。

今回のテーマは、少し特異な、ファンタジー要素の強い、人間以外の存在との不思議なドラマティックなカルマでした。しかし今回のようなどんな要素の課題でも、多角的に深く、まるで映画「インセプション」のレオナルド・ディカプリオ演じる主人公のように、パワフルに颯爽と浄化をしていただけるのが、北川先生のJUSTのすごいところです。

人生が変わるとはまさにこのヒーリングと、身を持って実感いたしました。新しいサイクルが今、春の訪れとともに来ようとしているなと感じます。

私をしばらく悩ましていた、ネガティブな魔法が、今回やっと解けたのです。


そして報告書を作成していただいて、カタルシスが起きました。今回のテーマは、しばらく私と寄り添った、人間以外の愛らしい存在が無事に成仏して、離れていくこと。

セッション翌日からその子の気配が消えて、無事に私から離れていったのがわかりました。さびしくて、最初はふとした折に、毎日泣いてしまいましたが、きちんと互いに魔法が解けて、成仏して、その子の新しい人生が始まるとわかり、「私もしっかりしなくては!」と、さびしさより今は、門出を祝う気持ちになりました。

そして、今まで自分が無事だったのは、過去世からのご縁であるその子が守ってくれていたからだと、初めて気づくことができました。

今回も素敵な愛にあふれた温かなセッションを、ありがとうございました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

A様、不思議体験のおすそわけを、ありがとうございましたm(_ _)m

小さな青虫くんとの出会いを見過ごさずに、保護されたA様がすごいなあと思います。幼い頃から蝶がお好きだったのも、この出会いを見越していらっしゃったかのようですよね。

夏の終わりから半年、青虫くんと一緒だったというA様。魔法が解けて、うれしいけれど、さびしくもあり、でも晴れ晴れと新たな旅立ち、ですね。

本当に素敵なストーリーでした。
現実にこんなことが起こっているなんて、驚きでした。

そしてJUSTのチャートには、「魔法」という項目が、おかげさまで新しく加えられました。

ファンタジーの世界って、本当にあるのです。

 

2020年09月27日 | Posted in 事実は小説よりも奇なりComments Closed 

 

事実は小説よりも奇なり~青虫くんが伝えたかったこと~

連載でお届けしています。
第3回の今日は、「青虫くんが伝えたかったこと」です。

(第1回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの出会い編~

(第2回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの過去世~


魔法使いによって青虫に変えられた人間だったことがわかった、青虫くんとA様のファンタジーワールドでの過去世のお話が、前回の内容でした。「待機している胎児をめぐる因縁プログラム」をクリアした後、魔法を解いていきます。

 

青虫くんにかけられていた魔法は、「人間から青虫になり無力にさせられる」という呪文でした。この魔法が解けないように、協力していた邪魔存在もいました。

魔法使い58名、ルシファー69名、ヒンドゥー教関連の悪魔1,709名、死神66名です。さまざまな過去世での関わりにおいて、A様と青虫くんに対して、屈辱感と敵意と不満を抱いていた者達でした。

処置を行うと、魔法の呪文の96%は消えたのですが、まだ4%残っていると示されます。そこでさらに下記を行っていきました。

 

「プログラム再構築への欲望」

 

せっかく過去世の因縁プログラムをクリアしましたが、A様も青虫くんも、これを再構築したいという欲望がありました。お二人とも、実はドロドロドラマが大好きだったんですね。はるか昔から「ドラマ」を持ち続けていて、これを手放すことにブロックがありました。

「ドラマ」とは文字通り、テレビドラマとか演劇とか映画のように、極端な現実を体験するというエネルギーです。ドラマティックな世界に自分から入り込んでしまい、ドロドロ劇の主人公とか、悲劇のヒロインとか、不幸な自分などに、ある意味酔いやすいといった傾向を意味します。

A様と青虫くんに共通の傾向でしたが、どちらかといえば、A様の方がより強く持たれていました。実際に今世の恋愛で、なぜか毎回、周囲の人間関係まで含めドラマのような状況になってしまうというのが、A様のお悩みでもありました。

「ドラマ状態への依存」「ドラマへの渇望」など、A様のプログラムやエネルギーを消していくと、プログラム再構築への欲望は、0%になりました。

ですがまだ、魔法の呪文が0.3%残っていると出ます。

 

 

「ドラマ依存を正当化する利得プログラム」

 

A様が、ドラマ依存を魔法の呪文のせいにすることで、自分を正当化できる得をするというプログラムです。「だって呪文をかけられてしまったのだから仕方ないでしょ。だから私、ドラマ依存じゃないもん」と正当化できるということですね。口実にするために、A様ご自身が、魔法を完全には解きたくないと思われていたわけです。そしてそれが、今世での恋愛パターンにも大きく影響していました。

 

青虫くんは、自分の魔法を解いて欲しいという希望ももちろんあったでしょうけれど、「僕にかけられた魔法を解きたいと思ってくれるなら、その恋愛パターンを手放して!」と、体を張って、A様の手助けに来てくれたという面も、大きくあるのではないでしょうか。

 

「ドラマって魅力的なのよ」

「ドラマティックでない恋愛には無関心よ」

「穏やかな恋愛なんて、拒絶するわ」

 

過去世から持ち越していたA様のそんなエネルギーを消去し、「穏やかな恋愛に満足できないプログラム」をクリアして、やっと、魔法の呪文が完全に解けました。

 

青虫くんは、A様が感じられていた通り、成仏していなかったのですが、クリア後、無事に旅立ってくれました。魔法が解けたので、もう青虫ではなく、来世では、人間か神界での存在か、もともとの姿で生まれ変わることになるでしょうね。

 

青虫くんからA様へのメッセージ
「僕はもうニコニコの笑顔になれたから、君も笑顔を取り戻して、幸せになってね!」

 

第3回はここまで。
第4回に続きます。

第4回はこちらです。
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんの旅立ち編~

2020年08月10日 | Posted in 事実は小説よりも奇なりComments Closed 

 

事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの過去世~

連載でお届けしています。
第2回の今日は、「青虫くんとの過去世」です。

(第1回を読まれていない方はこちらをどうぞ)
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの出会い編~


路地裏で出会ったアゲハ蝶の青虫くんを成仏させて欲しい、というのがA様のご依頼でした。


さて、猫や犬のクリアリングはしたことがありますが、青虫くんとなると、私も初めてでした。動物には、魂のある動物とない動物がいます。猫や犬の場合は、その猫や犬ごとに、魂があったりなかったりします。魂のあるなしで、クリアリング方法は変わります。

そして通常、青虫は魂がない種類の生き物とされているのですが、何度ペンデュラムに聞いても、この青虫くんには魂があるよと答えます。直感の鋭いA様が、これだけはっきり青虫くんの魂を感じ取られているのですから、これは確かに何かありそうよね、とクリアリングを開始しました。

 

なぜこの青虫くんには、魂があったのでしょうか。

 

それは、この青虫くんが、もともとは人間だったためでした。

 

A様と一緒の過去世だった時、魔法使いによって、青虫の姿に変えられていたのです。

 

今回、その魔法を解く必要がありました。

 

 

出てきたのは、「待機している胎児をめぐる因縁プログラム」です。

 

A様と青虫くんは、ファンタジーワールドに住む人間の夫婦でした。A様が妻で、青虫くんが夫です。妻だったA様は、お腹に女の子を宿していました。この胎児の女の子が、A様の夢の中に出てきた女性でした。俳優の○○さんに扮した青年の横にいた女性です。

 

妻(A様)は、女の子の前にもう一人、男の子の胎児も授かっていましたが、流産していました。それは自然に起こったことだったのですが、待ち望んでいた初めての子どもの流産でショックを受け、それが魔法使いのせいだと被害妄想を持った夫妻は、魔法使いをだますようなことをしました。

その行為にプライドを傷つけられ、怒った魔法使いが、「そんなに自分を疑うなら、本当にやってやる」と、死神にも協力してもらい、だまされた仕返しとして、二人目の胎児だった女の子を流産させています。

死神には、殺した人数を競う大会があります。多く殺すと昇進できるため、喜んで力を貸していました。

 

魔法使いは、胎児の女の子を流産させただけでは飽き足らず、夫に魔法をかけ、人間から青虫に変えてしまいました。青虫は蝶になった後、すぐに亡くなっています。

 

二人の胎児と夫を次々に亡くした妻(A様)は、悲しみと喪失感のあまり、後追い自殺をしています。

A様と青虫くんがこの時残したエネルギーは、「不幸」「悲しい」「激怒」「喪失感」「パニック」「おびえ」でした。

 

 

第2回はここまで。
第3回に続きます。

 

第3回はこちらです。
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんが伝えたかったこと~

 

2020年07月30日 | Posted in 事実は小説よりも奇なりComments Closed 

 

事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの出会い編~

JUST(ジャパン・ユニバーサル・スピリチュアル・セラピー)をやっていると、「事実は小説よりも奇なり」ということに、たびたび出会います。

セッションの中でペンデュラムが示すものにびっくりすることは、もはや日常茶飯事。

クライアント様のご相談自体が、不思議体験の場合もあります。そしてそのクリアリングをさせていただくことによって、驚きは倍増していくのです。

ファンタジーのようなお話だったり、奇怪なお話だったり、もうね、目が丸くなり過ぎて、本当に、事実は小説より、映画より、アニメより、「奇」なんだなあと、すっかり世界観が変わりました。   

ちょっと不思議な内容の本を読んだり、映画やドラマを見たりした時、「これはあり得るお話かも」「これは事実に近いのでは?」と思うようになりました。

私自身が過去世でファンタジーの世界と関わりが深かったため、どうやら同じような傾向のお客様とご縁を呼び寄せ合っているようです。

 

今回、クライアントの女性A様から、童話になりそうな内容のご依頼をいただいて、クリアリングしたところ、これまた驚きの過去世が出てきました。

現実にこんなことが起こっているなんてすごいなあ、この素敵なストーリーを、ノンフィクションとして、ブログをお読みいただいている皆様にぜひ紹介したいなあと思い、A様におうかがいしたところ、「ぜひともどうぞ」とご快諾をいただき、連載でお届けすることにいたしました。A様、ありがとうございますm(__)m

第1回の今日は、「青虫くんとの出会い編」として、A様のご相談内容の文章を、そのままご紹介させていただきますね。(掲載許可をいただいております)

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

相談内容は、夏の終わりに家の近くで出会った、小さなアゲハ蝶の青虫の魂を成仏させて、私の後悔と罪悪感を手放すことです。

この青虫と出会ったのは、私の過去世から引きずる恋愛パターンに何か関係があるのかな?と思いました。実は、アメノウズメの命のエネルギーが入った、恋愛に効くマジカルオイルを購入して、この出来事に出会いましたので。

昨年の夏の終わり、私は勤めていた会社を失意のうちに辞めて、就活をしていました。そんなとあるまだ暑い土曜日の午後、マジカルオイルのお金を振り込みに、母と一緒に街中へ向かっていました。家から最寄り駅へ向かう細い路地裏を歩いていると、エメラルドグリーンの小さな青虫が倒れていました。


私はなぜか、蝶が小さな時から大好きでした。飼って育てていたこともあります。散歩中に道路を横切る青虫を手に乗せて、安全な場所に置くこともたまにあります。

そのアゲハ蝶の青虫は、弓なりの形で、蛹(さなぎ)になろうとしたところを、風か人間の悪意で吹っ飛ばされたのか、ぐったりと弱りきって、体が斜めに少しゆがんでおりました。でも意識はしっかりしていて、前足をパタパタさせておりました。

道路は蟻も多いし、足も退化していますから、車や人間に踏まれてもいけません。その青虫の落ちていた家の塀の門の上にそっと乗せることも考えましたが、日差しが強いし、干からびたり、風でまた飛ばされたりしてはいけないので、連れて帰ることにしました。

いったん私は塀の上に乗せていましたが、手のひらに移そうとした時、青虫が嫌がり、塀の上から落ちてしまったのです。ただでさえ弱っているのに、砂利の上に落ちた衝撃で、青虫はしばらく痙攣をおこしていました。本当に申し訳なかったと思います。そしてそのまま弱った青虫と電車に乗り、100円ショップで紙の箱を買い、母と用事を済ませ、街から帰宅しました。帰りの父の車で青虫をのぞくと、青虫も私を見ていました。



暗い静かな部屋に置いて休ませ、翌日見ると、青虫は動かなくなっていました。体には蛹の硬い殻が覆い始めています。でも何日経っても、顔の殻が取れて完全な蛹になることはありませんでした。青虫が蛹になるために、私なりに尽力しましたが、力尽きてしまったようです。変色して黒くなり始めた青虫を見て初めて、この子はもう亡くなったのだとわかりました。

変わり果てた姿にショックで、蝶を夢見ながら亡くなっていった青虫を思うと、私はまるで我が子を亡くしたように、泣いてしまいました。小さなお葬式をして、庭にお守りと一緒に埋めて、白い小さな花を毎日さしてあげました。私は毎日泣いていました。

青虫の魂が、私の枕元に現れました。お礼を言っていたのかもしれません。でも塀の上から誤って落としてしまいましたし、結局亡くなってしまいましたから、私を憎んでいるのかもしれません。毎日ハートチャクラや全チャクラがとにかく窒息しそうなくらい苦しく、青虫に憑依されてしまったかなと当時は思いました。そして、チャクラが苦しく、私自身元気が出ないので、フラワーエッセンスを何個か飲むことにしました。

飲み始めた日の明け方、夢の中に、俳優の○○さんに扮した青年が出てきました。私の部屋で、正面を向いたまま、右手だけ私の手を握っていました。見知らぬ女も横にいました。たぶん、蝶は右と左の羽でスピリチュアルなエネルギーが異なる、2つで一つの魂と聞いたことがありますので、拾った時、ゆがんでいた方の体が癒されていなかったのかなと思います。見知らぬ女は、彼の片方の体を現していたのかもしれません。森の中でにらみながら、穴の上から私に土をかけてきました。

それから夢の中で私達3人はタクシーに乗り、公民館のような場所で降りました。青年が、「君はどこに勤めているんだい?」と聞きました。「○○だよ(本当はもう辞めましたが)」と私は答えていました。そこで目が覚めました。その時どこからともなく、「僕のことはもう気にしなくてよい」と聞こえました。

俳優の○○さんは、青虫の魂だったんだなとふと思いました。アゲハ蝶はアルクトゥールス星と縁が深いと聞いたことがあります。パソコンをしていた時、「君と僕は過去世で恋人だったんだ」とテレパシーのようなメッセージが来たこともあります。それからまもなく私は、大きな会社2つに拾われました。どちらも私の職歴では入れないような職場でした。青虫がお礼に力を貸してくれたのかなと思いました。

冬が来てある朝、電車で通勤していた時、私は席に座りながら、青虫の魂について考えていました。そしてパッと顔を上げた時、たまたま前に立っていた人の鞄のキーホルダーに、「君に出会ったことを忘れない」と刻まれていたのです。


この青虫くんと私についての浄化をお願いいたします。私が心配で成仏できていないかもしれません。いつもそばにギュッとくっついて離れない感じがします。私の男運が悪いこととか、何気に心配している気がするんですよね。青虫の傷ついてゆがんでしまった体や魂を修復して、来世は元気な蝶に無事生まれ変われるように、サポートをお願いいたします。私はもう大丈夫だよと、伝えていただけたらと思います。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

第1回はここまで。
第2回に続きます。

 

第2回はこちらです。
→事実は小説よりも奇なり~青虫くんとの過去世~ 

2020年07月11日 | Posted in 事実は小説よりも奇なりComments Closed 

 

JUSTの話が聴けるホンマルテレビ♪ 第1回~2回

JUSTの創始者、稲垣静枝先生によるラジオ放送が、テレビに変更。

第2回の放送までで、残念ながら現在いったんお休み中となっておりますので、ここでの紹介も今回で終了となりますが、まだの方はぜひ見てくださいね。

インターネットテレビなので、いつでも好きな時に見ることができます♪


・地球はじめて物語~魂の旅路~第1
回(ホンマルテレビ)
https://honmaru-tv.com/shizueinagaki001/

第1回は、首里城火災はなぜ起きたのか。氏神様について。陰陽とは何か。チャクラについて。5本指を持つ私達の肉体は、宇宙では少数派。他の星では何本指?心はどこにある?面積は?色は?心ここにあらずだとどうなる?などなど。

 

・地球はじめて物語~魂の旅路~第2回(ホンマルテレビ)
https://honmaru-tv.com/shizueinagaki001-2/

第2回は、第1回の後半です。JUSTチャート最新版の改定内容。健康維持の大切さ。栄養について。そして稲垣先生のお母様の遠隔クリアリング。腰は曲がっているけれど超元気な92歳のお母様に、今必要なことは?

 

2020年06月12日 | Posted in 本・雑誌掲載・ラジオComments Closed 

 

1 2 3 4 5 13